協議会から

活動紹介

平成21年度 久留米市認知症高齢者支援シンポジウムのご報告

平成22年1月24日(日)市民会館大ホールにて、第2宅老所よりあいの村瀬孝生氏による基調講演、久留米大学看護学科教授の中島洋子氏コーディネートによるシンポジウムが開催され、約600名の方にお越しいただきました。

認知症が急増する中、地域でネットワークを作って支える仕組みを実践されている村瀬氏からご講演を頂くことで、

地域の支えの必要性を各々の立場の方々に実感していただくことができました。

また、参加された市民の意見の中には、今まで知らなかった取り組みや支援体制があることを知ることができて大変有益であったというご意見もいただき、認知症サポーター養成研修を受講した方からは認知症サポーターが何故必要なのかを理解することができたというご意見をいただきました。

さらに、認知症は早期発見することで予防することが出来、また家族だけで抱え込まず、周囲の支援を受けることで地域で暮し続けることができることを参加者に知ってもらうことができました。

久留米市が認知症になっても暮らし続けられる街になるための、一つのきっかけになることができたのではないかと思います。

たくさんのご参加、誠に有難うございました。また、ご協力いただいた事業所、関係者の皆様にもこの場をお借りして御礼申し上げます。

投稿日:2010年2月25日 / 更新日:2010年2月25日

当協議会について

協議会からのお知らせ

会員について

このホームページについて

ご案内

2017年4月

日曜月曜火曜水曜木曜金曜土曜
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------

2017年5月

日曜月曜火曜水曜木曜金曜土曜
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---
ページの先頭に戻る