協議会から

活動紹介

日本看護福祉学会学術大会  保健・医療・福祉を支える他職種連携

久留米大学医学部看護学科からのご案内です。

第26回 日本看護福祉学会学術大会
   ―保健・医療・福祉を支える他職種連携―

会期:2013年7月6日(土)、7日(日)

会場:久留米大学旭町キャンパス
 
大会長:久留米大学医学部看護学科 中島洋子氏

ー――――――――――――――
【プログラム】

1日目:7月6日(土)久留米大学筑水会館

  大会長講演:「保健医療福祉サービスにおける多職種連携の重要性」

         久留米大学医学部看護学科 教授 中島 洋子
     
  基調講演:「認知症医療の最新情報」

         久留米大学高次脳疾患研究所 教授 森田 喜一郎 

  シンポジウム:「認知症の人を支える地域ネットワークの構築」

シンポジスト(順不同)
小路 純央  :福岡県認知症医療センター・久留米大学病院 精神科医 
大谷 るみ子 :社会福祉法人東翔会 グループホームふぁみりえホーム長
得居 みのり :姫路聖マリア病院地域連携室長・老人看護専門看護師
吉山 稔   :久留米市地域包括支援センター管理者・主任介護支援専門員
 コーディネーター:生野 繁子(九州看護福祉大学看護学科 教授)
           濱﨑 裕子(久留米大学文学部社会福祉学科 教授)

2日目: 7月7日(日)久留米大学医学部看護学科

研究発表:口頭・示説
全体交流集会
セルフ・ヒーリングタッチを体験してみよう
‐すぐ使える、毎日使える、ケア実践者のための自己管理法‐
        ゴールデンウエスト大学看護学部 教授  橋本 ルミ 
(ホリスティックナース、ヒーリングタッチ・プログラム認定講師) 
交流集会1 九州北部豪雨災害支援でできたこと、できなかったこと   
交流集会2 地域につなぐがん医療と在宅ケア 
交流集会3 地域で暮らす‐精神障がい者支援ネットワーク‐   
 
大会参加費:学会員事前申込 5,000円 (当日申込6,000円)
非会員     6,000円(1日のみ3,000円)
学生(院生除く) 1,000円

大会要項はこちら①

大会要項はこちら②

問い合わせ先:
久留米大学医学部看護学科 第26回日本看護福祉学会学術大会事務局
      TEL 0942-31-7714(代表)(事務局担当 中島・古村・草場)
       FAX 0942-31-7715
       E-mail:kangofukushi26@med.kurume-u.ac.jp
       http://kangofukushi.sakura.ne.jp/

福岡県認知症医療センターのご案内
投稿日:2013年5月30日 / 更新日:2013年7月4日

当協議会について

協議会からのお知らせ

会員について

このホームページについて

ご案内

2017年10月

日曜月曜火曜水曜木曜金曜土曜
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

2017年11月

日曜月曜火曜水曜木曜金曜土曜
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--
ページの先頭に戻る