協議会から

活動紹介

『各科専門医のための事例を通した認知症診療のコツ』

『各科専門医のための事例を通した認知症診療のコツ』
~認知症になっても安全に、安心して暮らせるやさしいまちを目指して~

日時:平成30年2月6日(火)午後7時00分~午後8時30分
場所:久留米医師会館 大ホール

かかりつけ医認知症対応力向上フォローアップ研修事業

講演会 19:00~20:30

座長:
久留米市内科医会 会長 いのくち医院 院長 猪口哲彰先生
久留米大学病院 高次脳疾患研究所/久留米大学医学部神経精神医学講座
 准教授 小路純央先生

事例1:『認知症経度への気づきと対応(仮)』

事例2:『基本的ADLに介護が必要になった(中等度)認知症患者への対応(仮)』

事例3:『BPSDが生じた際の認知症患者への対応(仮)』

詳しくはこちら

(日医生涯教育講座1.5単位 CC 4.15.29 取得可能)

共催:
久留米医師会 久留米認知症ネットワーク研究会
福岡県認知症医療センター久留米大学病院
後援:
久留米市

投稿日:2018年2月5日 / 更新日:2018年2月5日

当協議会について

協議会からのお知らせ

会員について

このホームページについて

ご案内

2018年2月

日曜月曜火曜水曜木曜金曜土曜
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728---

2018年3月

日曜月曜火曜水曜木曜金曜土曜
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページの先頭に戻る